home > らんちゅう各部の呼び方[予備知識]

Guide
らんちゅう各部の呼び方

らんちゅう各部の呼び方

呼び方

らんちゅう豆辞典

ランチュウの容姿を表すとき、この世界特有の専門用語が使われます。

図に示した体の各部の名称のほかにも、次のような言葉が用いられています。

頭部は「かしら」といい、芸者さんの髪型を想わせる「ビン張頭(びんばりがしら)」
頭の上の肉瘤が発達した「と巾頭(ときんがしら)」、
竜の顔を思わせる「龍頭(たつがしら)」が今日の主流となります。

また、「頭付きが深い」とか 「エラが深い」などといい、
鼻こぶを「フンタン」と呼んだりします。

「尾のかまえ」がよいとか「尾の振り込み」がよいなど、
尾に関する言葉も多く、「尾さばき」、「裾(すそ)さばき」「裾味」
といった泳ぎ方を表す用語とも関連します。
また泳ぎ方や泳ぐ姿勢を合わせて「調子」といい、調子のよい魚などと使います。

背部の形は「背なり」と呼び、背なりの長い魚を「長手」、
短く丸みの強い魚を 「丸手」の魚といいます。