home > らんちゅうの創り方[飼育方法]

Guide
らんちゅうの創り方らんちうの飼育方法についてご説明させて頂きます。

らんちゅうの創り方

  • らんちゅうを飼うには、まず水槽を確保しなければなりません。
    一般的には、硝子やアクリル水槽が多く用いられます。
    ある程度育った弐歳魚や親魚を飼うには良いですが、当歳魚(今年生まれた魚)を飼い育てるには不向きです。
    水槽は水面積が狭すぎて、泳ぎが活発にできないからです。
    また、体は大きくなるのですが胴の発育と頭の発達がバランス良く育たないのです。
    できれば、セメントを練る舟やベニヤ板で箱を造り、その中に青いビニールシートを張った舟などでもよいでしょう。
    水面積が多くとれるのでらんちゅう飼育に向いているのです。
    マンション住まいでスペース的に難しいなら、ベランダなどに二段の棚を造るのも手です。
    昔かららんちゅうを飼うには1㎡以上で、といわれてきましたが、なるべくそれに近い箱で水深20~30cmを確保できれば十分です。
    餌は基本的には冷凍赤虫等の上物餌ですが、乾燥エサもOKです。
    20~30分で食べられるくらいの量を一日2~3回与えます。
    水替えは「らんちゅう創りは水造り」の言葉どおり一番の難所。
    熱帯魚などはきれいな水を好みますが、らんちゅうは「青水」と呼ばれる水を好みます。
    従って、水替えの際は汲み置きした水に古い青水を混ぜて使います。
    それぞれの地方、環境、季節、魚の大きさ、尾数、水温、池の面積、餌の量等々、これらがらんちゅうの仕上がりを大きく左右します。
    こうした知識をしっかり身に付け、愛情をたっぷりそそぐことこそ、すばらしいらんちゅうを創り出すことに繋がるのです。