home > 産卵のための準備[飼育方法]

Guide
産卵のための準備

産卵のための準備

  • 春に咲く花は前年の秋には、しっかり蕾を付けています。
    らんちゅうもこれ同様。春になってエサ付けをすれば産むというものではなく、 前年の秋に十分な手入れをしてこそ、春の良い産卵につながります。
    春の初めは三寒四温のように、強い寒気とやわらかな暖かさの繰り返し。 一週間に一度づつ気温が上っていくと云われます。

    メス腹に抱えている卵を早春からヒーター等で温めればよいという事ではなく、 早い時期からそのような水温にするとかえってお腹の卵は育たずに、メス親 そのものが育ち過ぎてしまいそして難産になり、死んでしまったという話をよく 聞きます。「種親」としてまず大事なことは、健康で元気に泳いでいるかということ。 そして強すぎる「餌付け」を控える事。ついつい早く産ませたいために、 エサをやり過ぎ親魚がポカンとして泳がなくなることがあります。

    冬眠明けの初エサから一ヵ月近くは「メスとオス」を分けずに、ほどほどに メス腹もふっくらしてきて、種オスも元気に泳ぎ追星がハッキリと見られるよう になってきたら池(水槽)を分けます。 分けた種オスは種メスよりやや水温を上げ(20度近く)、産卵用の草などを 入れておくと早めに発情し、準備が出来てきます。 産卵する1腹目は水温が20度以上あった方がスムーズに産卵します。 産卵させる時は「種オスと種メス」を朝9時~10時ころまでに産卵用池に 移すと翌日に産むことはありますが、普通は翌々日の朝に産卵することの ほうが多いです。 3日以上その気を見せない場合はまだその時期に至って いないと考え、一度「オスとメス」を離し、頃あいをみてからもう一度 チャレンジするのが良いでしょう。

    さて、大事な「親魚の選び方」ですが、こればかりは産ませてみなければ 判らないというのが本音です。 ただ ”へたな鉄砲も数打てば当る”と云うわけにもいかず、かといって 品評会でとった「大関」どうしをかけ合わせても、当たったためしナシと 言われるほど、種親選びは難しい事です。 品評会用の魚はその場で見れば判りますが、種親は見るだけでは判りません。 但しこれだけは基本中の「基」ですが、何度も云うようにらんちゅうにとっての 肝心要「尾型」が種親としても最も重要なところなのです。 つっぱっただけの尾や尾付けのあまい(扇子を開いたような八の字の尾型) 種魚は選ばない事が大切です。

    そこで「系統」という事が大事になるかと思います。 良い系統を受け継いだ魚は一般的に仔も安定し、とんでもない魚ばかりが 出るということはあまりありません。 「歩(ぶ)留まり」がグンと違ってくるのです。

    大切な限りある時間と労力をつかっての大人の趣味ー遊びです。 先々まで心から愉しんで頂きたいと思っております。